Other

Strawberry-Kiwi Sangria with Rose Geranium


Ingredients

  • 4 1-pint baskets strawberries, hulled
  • 2 25.4-ounce (750-ml) bottles chilled sparkling apple cider
  • 6 kiwis, peeled, cut into 1/2-inch cubes
  • 16 fresh rose geranium leaves, crushed slightly, or 3/4 teaspoon rose water*

Recipe Preparation

  • Bring 4 cups water to boil in large saucepan. Add tea bags; cover and let steep 10 minutes. Discard tea bags. Add sugar to hot tea; stir until dissolved. Stir in remaining 4 cups water. Chill tea until cold, about 3 hours. DO AHEADCan be made 1 day ahead. Cover; keep chilled.

  • Puree 2 baskets strawberries in processor. Slice remaining 2 baskets strawberries. Place pureed and sliced berries in large pitcher (or divide between 2 pitchers). Add tea and all remaining ingredients. Stir and serve.

  • *Rose water is available at Middle Eastern markets and specialty foods stores.

Reviews Section

Estate of the Art

We all know art and wine make fine bedfellows, but news of Donum’s pending distribution in Hong Kong is a clear call to action for aesthetes and connoisseurs of the finer things in life. The winery is renowned for its single-vineyard, single-appellation pinot noir and chardonnay, and is home to a monumental open-air sculpture collection (with more than 40 pieces) at the estate in the acclaimed northern Californian wine region of Sonoma.

“As proud residents of Hong Kong, we are delighted to have found a partner to introduce our wines to the city,” say Mei and Allan Warburg, the owners of Donum. “The Donum art collection has gathered worldwide attention in the art community and, through this recognition, we have met many lovers of art who also have a passion for fine wines.”

Having hosted receptions to celebrate artists alongside Hong Kong’s annual Art Week in March, the estate features more than 40 major works from artists across the globe, including Yayoi Kusama, Louise Bourgeois, Keith Haring, Tracey Emin, Zhan Wang, Yue Minjun, Danh Vō and others.

As far as its winemaking prowess, the estate comprises 200 picturesque acres north of San Pablo Bay in the Carneros area, and employs both biodynamic and organic farming practices. “With our terroir-driven ideology, our wines can transport people to our vineyards with each sip,” says Donum winemaker Dan Fishman.

Alongside its distribution in Hong Kong through Vinopolis, Donum will be added to the wine list of acclaimed Michelin-starred Chinese restaurant and art space Duddell’s. “Our clients have a deep and active appreciation for art,” says the restaurant’s co-founder, Alan Lo. “With Donum’s monumental art collection and artist-designed labels, it’s a great addition to our wine list.”

“We are thrilled to introduce Donum to Hong Kong,” says KL Lee, the executive director of Vinopolis. “The wine community here is thriving and they’re seeking unique, premier-quality wines such as Donum. The demand is high, but we only have limited stock available in this initial introduction.”


Annabel's Private Cooking Classあなべるお菓子教室 ~ ” こころ豊かな暮らし ”

一年草の矢車草、マリーゴールド、センニチコウ、飛燕草、パンジー、多年草のニオイゼラニウム、ラベンダー、薔薇 ( 蕾 ) 、ナデシコ、キクなどがポプリ作りに向いています。見かけも大切なので、身の回りにある、種の入った鞘、小さな松ぼっくりを集めたり、ナツメグ、クローブ、ドライにした柑橘類、スターアニス、シナモンスティックを加えるのも良いアイデアです。又、趣味の店で手に入るサンダルウッドチップ、ユーカリの葉、トンカビーンズなどを置くのも良いでしょう。

ポプリの匂いを持続させるための匂い留め ( 保留剤 ) が必要です。最もよく使われているものに「ニオイイリスの根茎」( オリスルートは、ニオイイリスの根茎を乾燥させ、2~3年後に粉状にしたものです。ニオイスミレの花に似た香りがあります ) があります。

保留剤にはそのほかに、バニラビーンズ、オークモス( oak moss )、アンゼリカルート、ミルラガム(没薬、ムクロジ目カンラン科コンミフォラ属 ) の樹木から分泌される、赤褐色の植物性ゴム樹脂)があります。ポプリの 10-20 % を入れます。 ( これらの保留剤は見ての通り、自ら匂いを出すもので、一緒に入れたハーブやスパイスの匂いを留保するものではありません。いずれもネットで手に入る広く受け入れられている安価な品物ですのでここでは名前を挙げるだけにしておきます。 )

モイスト,ドライポプリを作るには材料を摘み取り、 2 - 3 日で乾燥させます。材料は柔らかく柔軟性があるものを選びます。それを塩の中に入れます。 2 - 3 週間後、そのほかの材料と保留剤、オイルを混ぜます。これでもモイストポプリの準備ができました、

切り株をボールに入れて、水を木が半分隠れるくらいの量を入れる。 シ ナモンスティック、クローブ、クランベリー、松の枝を入れて通気口やヒーターの傍に置いて水を温め、部屋の中に香りが広がるようにする。水がなくなったらシナモンスティック、クローブ、クランベリー、松の枝を取り替える。

ポプリについてもう少し見ていこうと思います。今までの 2 つのレシピだけではポプリに関しては未消化で終わってしまうでしょうから。

ポプリの作り方(下のサイト)は、 the Mar/Apr '08 issue of The Essential Herbal Magazine からの引用です。

古代エジプト王はたくさんの薔薇の花を陶製の壺に入れて埋めさせました。(おそらく土の中)夏の花の香りを後のために取っておこうとしたのでしょう。「ポプリ」はフランス語で「朽ちた壺」の意です。当初、ポプリはモイスト メソッド(湿式法)で作られていたのでしょう、又の名を「スイート ジャー」と言います。事実、ポプリの材料はその名の通り腐らせていたからです。

以下はスイートジャーに分類されるであろうポプリのレシピです。本当の意味での( sweet jar) ではないかもしれませんが、今のサイトからの引用では、昔の姿を映すレシピとしてはこの辺りが限界なのかもしれません。「スイートジャー」の精神は理解できるのでは?と思い、取り上げました。

クランベリーオレンジストーブトップポプリ( DIY Holiday Gift Jars: Cranberry Orange Stove Top Potpourri )

中身をソースパンに取り出して弱火にかける。水がなくなってきたら水を追加して よい匂いを部屋中に行きわたらせる。 1 - 2 日前に作っておく。

1. 出来るだけ新鮮なエネルギーに満ちた材料を用意する。 ( 参照 Delia Creates )


2. ラベンダーのエッセンシャルオイルを小石の上に振りかけるとポプリの見栄えが一層よくなる。 ( 参照 Free People )

3. 部屋から浴室にレモンの香り、ローズマリー、シナモン、バニラの香りが漂ってくると落ち着いた気分になります。 ( 参照: stay-at-home spa day )

4. シトラス、ジュニパーベリー、ドライのリンゴといったナッツとドライのフルーツの取り合わせのポプリは冬の憂鬱を吹き飛ばしてくれます。 ( 参照: Hello Natural )

5. 材料を水で煮て「香りのウオーター」を作ります。強い香りが約 3 日間楽しめます。 ( 参照: The Yummy Life )

シナモンバジル ( Ocimum basilicum 'Cinnamon' )

シナモンバジル( Ocimum basilicum , 別名メキシカンスパイスバジル( Mexican spice basil )には亜種のタイバジル ( O. basilicum var. thyrsiflora ) があります。

快いスパイスな香りはメチルシナメイト(桂皮酸、 Cinnamic acid )によるものでシナモンの香りがします。クッキー、パイなどの焼き物、パスタ、サラダ、ゼリー、ビネガーに使われています。料理以外にはドライアレンジメントやポプリ※に使います。

バジルには、 Ocimum basilicum 以外の種に由来するものもふくめ、およそ 150 種類の栽培品種があります。香りの主成分はメチルカビコール(タラゴン、フェンネルなどに含まれる)、リナロール(スズラン、ラベンダー、ベルガモット様の芳香)、シネオール(ユーカリ属の植物の精油に含まれる)、オイゲノール(クローブ、ローリエ、シナモンなどに含まれる。)があります。

イタリア料理に多く使われる品種はバジル、バジリコ、スイートバジルの名で知られている。ジェノベーゼバジル (Genovese basil) もイタリア料理に使われる。ほかにレモンバジル (Lemon basil) 、ホーリーバジル (Holy basil) 、シナモンバジル (Sinnamon basil) 、タイバジル (Thai basil) 、マンモスバジル (Mammoth basil) 、タイレモンバジル (Thai Lemon basil 、ライムバジル (Lime basil) 、リコリスバジル (Licorice basil) 、アフリカンブルーバジル (African Blue basil) などの品種があります。順次、主なバジルを取り上げてゆこうと思います。

バジル( It.Basilico 、 Ocimum basilicum )シソ科メボウキ属。別名メボウキ、 sweetbasil 。インド、熱帯アジア原産。日本名の &ldquo メボウキ &rdquo は水に浸しておいたバジルの種で目に入ったごみを取っていたためこの名が付きました。イタリア語の &ldquo Basilico &rdquo はラテン語の basilicum 由来。さらに遡ると「王」を意味するギリシャ語の basileus ( king ) に行き着きます。しかしバジルの香りが王の住まいに相応しい、或いは王様に相応しい薬、軟膏をこれで作ったからであると言われていますがその語源は明らかではありません。

この時代、 1300 - 1700 年ごろは、「緑色」に対する、イメージは「悪魔」を思わせる色だったようです。何故かというと、緑色は若葉や青春を思わせる生き生きとした色なのですが、季節か移ろえばやがて変色し枯れて地面に落ち、しばらくすれば、朽ちて腐る、「死」を思わせる色であったからです。非常に目まぐるしい変化を思わせる色でした。

ユダの接吻 イスカリオテのユダは黄色のトーガを着ています。 1304&ndash06 画。ジョット・ディ・ボンドーネ( Giotto di Bondone 、 1267-1/8/1337 、イタリア人画家、建築家 )

クッキーの金型

先日、ラッティスパイの金型作りに困っていたら、口に出して喋ったわけでもないのに『最近はアイシングクッキーが流行っていて、クッキー金型を自分で作るサイトがありますよ。』とお菓子教室の生徒さんが &rdquo 優しく &ldquo 教えてくれました。「教えてくれてありがとーっ!!」

来月のお菓子は、「 Zimtkuchen 」なので早速作りました。道具と材料、それに方法がわかっていればすぐに、思ったものが作れます。「うれし――いいっ!!!」

次回は &rdquo 凝った金型 " をご紹介できればと思っています。


In the 15th century "Saint Wolfgang and the Devil" by Michael Pacher, the Devil is green. Poets such as Chaucer also drew connections between the color green and the devil.

Illuminated Manuscript, Book of Hours, St. George, Walters Manuscript W.168, fol. 217v detail

イングランドの植物学者ジェラードは &ldquo バジルの葉を食べていればサソリに刺されても大丈夫だ &rdquo と言い,医占星術の大家であるニコラス・カルペッパー( Nicholas Culpepper: 10/18/1616-1/10/1654 )は &ldquo バジルは火星とさそり座の下にあるハーブ故、バジリスクと繋がりのある Basilicum という名が付いている &rdquo と述べています。

パーキンソン( John Parkinson 、 1567&ndash1650 、イギリス最後の草本学者にしてもっとも偉大なる植物学者 )はバジルとサソリ座の関係を &ldquo バジルは優しく扱うと心地よい香りを出すが、押し潰すと強い香りがサソリを産む。又、バジルを植えたポットやいれものの下にサソリがよく潜んでいる。バジルの若枝がポットの下に残されるとそれがサソリになる。 &rdquo と説明しています。バジルのニオイがするだけで頭の中にサソリが棲みつくという迷信も残されています。

又ニコラス・カルペッパー ( Nicholas Culpeper 、 10/18/1616-1/10/1654 、イギリスの本草学者、植物学者、医者、占星学者 ) は医占星術書イングリシュ・フィジシャン ( 1652 ) とコムプリートハーバル ( 1653 ) の中で &ldquo 毒液を発する獣に噛まれた時、又はスズメバチなど毒針で刺された時はその場所にバジルを当てれば直ちに毒を吸い出すと述べています。

バジルについてはこのブログでもう書いたつもりでいました。思い返せば、 1390 年ごろに書かれたイングランドの料理書、 ザ フォルム オブ クーリィ( The Forme of Cury 1390 )の解説の一部分に「バジル」について書いた記憶が頭の中に残っていたからでした。ザ フォルム オブ クーリィから一部分引用して、ご紹介しましょう。

『少しお話が飛びますが、この料理書が書かれた 1300 年後半は &ldquo ガウェイン卿と緑の騎士 &rdquo が世に出た時期とほぼ合致します。(フォルム オブ クーリィはこの物語よりもほんの少し前に出たように言われています。)この物語はアーサー王伝説の後を受けて書かれた物語でこの時代に大いに話題になった物語です。それは次のような書き出しで始まります。』以下引用が続きます。

from original manuscript, artist unknown

&ldquo アーサー王が宮殿で円卓の騎士達と新年の宴を催しているとき、突如、衣服から髪から皮膚、さらには跨る馬に到るまですべてが緑色の騎士が現れ、首切りゲームをもちかけます。自分の首を大鉈でかき斬ってみろと挑み、それでもし自分が無事だったら、それに相応する挑戦を受けろと騎士たちに挑発します。ガウェインはアーサー王の甥であるという理由で円卓の騎士達といつも同席している負い目から、いきなりその場に躍り出るや緑の騎士の首を一振りで斬り落とします。しかし、首から血を吹き出す緑の騎士の胴体は全く動じることなく、おもむろに自分の首を拾い上げ、「 1 年後、緑の礼拝堂で待っている。そこでお前に仕返しの一撃をくれてやる。」と猛々しく言い残し、首を抱えて走り去ったのです。 &ldquo と衝撃的なシーンはこの後の思いもしないストーリィの展開を予告しています。

これは二代目のバジルです。二代目というのは、今年の 5/10 に苗で植えたバジルの枝を 8 月に挿し木をして大きくしたものです。

種から育てると日数がかかるので枝を挿して増やしました。夏ほど「すくすくと」と言うわけにはいきませんが、地道に育っています。もう 3 度収穫しました。

国立健康・栄養研究所(National Institute of Health and Nutrition)「国民の健康の保持及び増進に関する調査及び研究並びに国民の栄養その他国民の食生活に関する調査及び研究等を行うことにより、公衆衛生の向上及び増進を図ること(法第3条)。」を目的として設立された機関からの引用です。引用文献の最後に&ldquoまとめ&rdquoを書いておきました。

名称 ステビア [英]Stevia、Paraguayan sweet herb [学名]Stevia rebaudiana (Bertoni) Hemsl

・葉は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・ステビア抽出物、ステビア末等は既存添加物 (甘味料) としての使用が認められている。
・レバウディオサイド (Rebaudioside A 、ステビア抽出物) は、米国ではGRAS (一般的に安全とみなされた物質) 認定。

・ステビアの主成分はステビオサイド (stevioside) で、これは熱や酸に安定で、ノンカロリーで10%ショ糖液の100倍甘い。他の成分としては&beta-シトステロール、スチグマステロール、タンニン、精油がある。

・品質の指標として、ステビオサイドとレバウディオサイド (rebaudioside) AはNH2-カラムを用いたUV-HPLCにより分析されている (PMID:11599985) 。

循環器・呼吸器 一般情報
・ステビオサイドを高血圧症患者に摂取させると、収縮期血圧および拡張期血圧が低下した (PMID:14693305)(PMID:14561506) との予備的な報告がある。しかし、相反する報告もあるため、この現象についてはさらなる検証が必要である (PMID:16775813) (94) 。
・ステビオサイド1,500 mg/日を2年間摂取したところ、左心室肥大のリスクが低下したという報告がある (PMID:14693305) が、この現象についてはさらなる検証が必要である。


メタ分析
・2014年5月までを対象に5つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験9報について検討したメタ分析において、成人によるステビア、ステビオサイド、レバウディオサイドAの摂取は、拡張期血圧 (7報) 、空腹時血糖 (76報) 、の低下と関連が認められたが、収縮期血圧 (7報) 、総コレステロール (6報) 、LDLコレステロール (4報) 、HDLコレステロール (6報) に影響は与えず、トリグリセリド (5報) の増加と関連が認められたが、いずれも試験によるバラツキが大きかった (PMID:25412840) 。
RCT
・健康成人100名 (試験群50名、平均42.1±1.9歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レバウディオサイド (rebaudioside) Aを1,000 mg/日、4週間摂取させたところ、血圧、心拍に影響は認められなかった (PMID:18555574) 。

・一般的な飲食物の甘味料としてステビアを少量経口摂取する場合には安全性が示唆されている (94) 。また、ステビアの主成分であるステビオサイドは経口摂取において安全性が示唆されている (94) 。
・ステビオサイドの経口摂取の副作用として、腹部膨満や悪心などの胃腸症状がある。また、頭痛、めまい、筋痛、しびれも報告されている (PMID:14693305) (PMID:10971305) 。
・FDAやヨーロッパ、WHOはステビアの長期摂取と毒性に対する結論が出ていないことを理由に承認していなかったが、2004年、第63回JECFAにおいて一日摂取許容量 (ADI) が設定され、2008年にアメリカのGRAS認定を受けた。また、2010年4月14日、EFSAのANSパネル (食品添加物及び食品に添加される栄養源に関する科学パネル) は、ステビア葉から抽出したステビオール配糖体の安全性を評価し、ADIをJECFAの設定と同量の 4 mg/kg体重/日とした (EFSAの情報の詳細は食品安全情報 (化学物質) No. 9/ 2010 (日本語) またはEFSA (英語) を参照) 。
・日本では指定添加物ではなく、既存添加物としての使用が認められている。
・ステビオールの多量摂取は急性の腎機能低下を招くおそれがあるという予備的な報告がある (PMID:9183561) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないため、通常の食品に甘味料として添加される量を超える大量摂取は避けた方がよい (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・理論的には、キク科の植物に過敏な人は、ステビアでアレルギー症状が起こる可能性がある (PMID:14561506) 。
<被害事例>
・26歳女性 (日本) がステビアを含む清涼飲料水を摂取した直後に全身掻痒感、粘膜浮腫、呼吸困難を呈した。スクラッチテストにより、ステビアが陽性であったため、ステビアによるアナフィラキシーと診断された (2000143079) 。

<理論的に考えられる相互作用>
・血糖降下作用のあるハーブやサプリメント、糖尿病治療薬と併用すると、血糖コントロールに影響を与える可能性があるため、II型糖尿病患者は注意が必要である (94) 。
・ベラパミルなどのカルシウム拮抗剤 (PMID:14693305) (PMID:14561506) (PMID:1921423) 、血圧降下剤 (PMID:14693305) (PMID:10971305) 、血圧低下作用のあるハーブやサプリメントと併用すると相加作用を示す可能性がある。
・血圧または血糖値の臨床検査値に影響する可能性がある (PMID:3651629) (PMID:10690946) (PMID:7616317) (PMID:14681845) (94) 。

1.LD50 (半数致死量)
・ステビア抽出物を投与:マウス29.5 g/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・ラット経口45 g/kg (91) 。
3.TD (中毒量)
・ラット経口 (継続的) 99.5 g/kg/79週 (91) 。
4.その他
・ステビオサイドには変異原性、遺伝毒性、避妊活性、催奇形性などはみられなかった (PMID:14561506) が、ステビオールとステビオールの代謝物は試験管内実験で変異原性がみられた (PMID:8962427) (PMID:3887402) 。
・ステビアは、生殖に関して副作用をもつ可能性がある。ステビアの水性抽出物は雄ラットの精子数を減少させ、精巣重量を減少させた (PMID:10619379) 。また、ステビオールを摂取させたハムスターのメスでは子孫の数とその体重が減少した (PMID:9598301) 。
・ステビア抽出物 (総ステビオサイド88.28%含有) ならびにステビオールは、試験管内実験では500&mug/mL以下、マウス単回投与実験では2 g/kg以下において、DNA損傷は認められなかった (2003197267) 。
・ステビア抽出物 (ステビオシド16.3%、レバウディオサイドA16.3%含有) を用いた雌雄F344/Du Crjラットにおける慢性毒性試験から、最大無作用量は550 mg/kgと推定された (1985158450) 。

・食べ物や飲み物の甘味料として少量を経口摂取する場合には安全性が示唆されている。
・ステビアは2004年、第63回JECFAにおいて一日摂取許容量 (ADI) が設定され、2008年にアメリカのGRAS認定を受けた。また、2010年4月14日、EFSAのANSパネル (食品添加物及び食品に添加される栄養源に関する科学パネル) は、ステビア葉から抽出したステビオール配糖体の安全性を評価し、ADIをJECFAの設定と同量の4 mg/kg体重/日とした。
・妊娠中・授乳中の安全性については十分な情報がないので、通常の食品に甘味料として添加される量を超える大量摂取は避ける。


Watch the video: Sangria 4 Ways (January 2022).